BRIGHT FUTURE PROJECT

~明るい未来の作り方~

『モテる男は〇〇対策をする』

 向後和也です。

 

 

いやぁ本格的な夏が近づいてきてす。

f:id:khnk1116:20170725022342j:plain

夏といえば向後という程でもないですが

夏が好きです(^^♪

 

 

なんでかって?そりゃ・・・男の子ですからね(^^♪

水着に浴衣にってもう最高じゃないですか!!

女の子の魅力を前面に出してくてますよね。

 

 

でも、夏と言えば気を付けなくてはいけないのが

やはり、〇〇ですよね!

 

 

さて、あなたにはわかりますか?

 

 

これを怠るとせっかくの女の子とのデートで

あなたは彼女を悲しませることになりかねませんよ。

 

 

もったいぶらないで早く教えてくれ!!

と怒られそうなので教えます。

 

 

 

 

 

それは、です。

f:id:khnk1116:20170725022016j:plain

自分ではなかなか気づきにくいものですし

周りの人も言いにくいものです。

だからこそ、自分で気づいて対策しておく

ことを強くお勧めします!!

 

 

中には、汗臭い男がタイプなのって女の子も

いるけど、割合的にはすくないです。

特に今どきの子は臭いに敏感。

いい匂いをしている人のほうがモテます!

 

 

 

せっかくの彼女とのデート

あなたの汗の臭いが電車の中に臭いだす。

周りの人たちがあなたと、その隣にいる彼女を見る

『あの彼氏臭くない?よくあの子一緒にいられるよね』

 

 

 

そんな言葉がうっすら聞こえてくる

彼女は顔を下に向ける。

そして、あなたと少しだけ距離をとる。

そんな悲しい状況考えたくもありません(>_<)

 

 

 

今の話、先日私が電車の中で見た実話です。

 

 

汗をかくのは自然なことですから、それを止めるのは

不可能ですが、汗対策、臭い対策はできます

周りは気づいていても言ってくれないですから

自分で気づいて対策しましょう。

 

 

 

私もワキの臭いが夏になると本当にくっさいので( ゚Д゚)

毎日デオドラントしてます!!

しないと本当に臭い!!

嗅ぎたい人いたら是非!(^^)!なんつって

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

『ワンピースに学ぶ』

向後和也です。

 

 

f:id:khnk1116:20170722131147j:plain

今や知らない人はいないってくらい

ワンピース流行ってますよね。

単行本はもちろんのこと、今や教育、

自己啓発本にまでなるくらい

その人気は高いです。いまさら?って感じですけど(笑)

 

 

では、なぜここまで人気になったのか?

 

 

現代社会において『俺は海賊王になる』

なんていう人はいないと思います。

現実離れしていますが、ルフィの人間性

そのものに惹かれ、仲間とともに

夢を現実にしていく様はやはり私たちの

生活に当てはまるものがあると思います。

 

 

特に会社組織にいる方は本当に為に

なるのではないかと思います。

上司や部下に対してどのように

接していいかわからない方。

人間関係に悩んでいる方も

是非読んでみてください。

 

 

『ルフィの魅力』とは

 

ここにルフィの人たらし術が隠れてる!!

 

今日はコレ↓↓↓について

 

【相手を認める】

 

ルフィの最大の魅力は相手の能力を

素直に認めるというところにあります。

 

 

これを実生活の中でやってみると、

相手のいいところを褒めるというのは

なかなか難しいもの、それが仲の良い

友人であればできても、ライバル意識

をもった相手ならなお難しと思いますが

ルフィはそれをしっかりと受けいれます。

 

 

 

こういったところに魅力を感じ、今まで

ライバルや敵だった相手からも

一目置かれる立場を気付いているんですね。

 

 

 

んん~なるほど(;´Д`)

勉強になります!

 

 

 

明るい未来Project 

line@で友達になりましょう(^^♪ 

line@ID ★ @nzx7440s

https://line.me/R/ti/p/%40nzx7440s

 

『幸せな大富豪に学ぶ』

 向後和也です。

 

シリーズ第5弾

『お金では買えない価値を大切にいているか?』

 

f:id:khnk1116:20170721104312j:plain

 

前回の記事では『お金の使い方』について

お話ししました。

 

 

akaruimirai5555.hatenablog.com

 

前回のお話で、お金持ちと貧乏な人の考え方の間には大きな違いがあると

おわかりいただけたかと思います。

ただ、こうした考え方はいくらでも変えていける部分です。

 

 

そして次にお伝えしたいのが、『経済の自由』を手に入れるために為に

知っておいてほしいことは、大富豪ほど

【世の中には、お金では買えないものがたくさんある】

ことを知っています。

お金が絶対だとは、決して思ってないのです。

 

『お金や、お金で買えるものを所有するのは大いに結構だが、

それと引き換えに“お金で買えないもの”を失ってはいけない』

                    ジョージ・ロリマーの言葉

 

 

大富豪同士の会話を聞いていても、『俺のほうが金持ちだ』

『俺のほうがいい車乗ってる』などの自慢話ではなく、

どれだけ健康かとか、恵まれた環境、仲間などの自慢

要はお金で買えないものについての自慢です。

 

 

お金があれば豪邸は買えるが、家庭は買えない

高級時計は買えるが、時間は買えない

本は買えるが、知識は買えない

 

 

いくらお金持ちになっても、これをなくしてしまうと

本当に大切なものを失うことになります。

 

 

次回は『どんな職業を選んでいるのか?』について

 

 

 

向後和也【公式LINE】

line@で友達になりましょう(^^♪ 

 

 

友だち追加

『モテる男に学ぶ』

 向後和也です。

 

 

今日は恋愛系の話をします。

なんせ、私は小学生の時から女の子とどうしたら付き合えるのか?

ということを、ひたすら考えていたくらいませてましたから(^^♪

 

そもそも、女の子はどういった男子に惹かれるの?

 

小学生の頃は、運動ができる子、足が速い子、頭のいい子がだいたい

モテていたように思います。

それが、大人になるにつれて見た目や優しさ、経済力などが

含まれてきます。

 

 

でも一番大事なのは『自信』です。

 

これはすごく大切なことだと私自身感じてます。

女性はやっぱり自信のない男より、自信のある男に惹かれます。

『俺なんかで大丈夫かな?』なんて言ってたら『この人大丈夫かな?』と

不安に思われますよね。

 

 

それより『俺に任せとけ』と言ってくれるほうが『頼りになるな』と

思ってもらえます。

 

 

そうは言っても、私も最初から自信満々で居たわけじゃありません。

私のコンプレックスは背が低いことでした。(165㎝)( ノД`)シクシク…

だから自分に自信がなかったんです。

 

 

その時に私が実践していた自信のつけ方は2つ!!

それは、1・胸を張る  

    2・大きな声で話す

 

 

胸を張ることによって、背筋が伸びますよね。

姿勢が正しい人は、それだけで自信がありそうなイメージを与えます。

 

 

そして、大きな声ではなすことによって相手に与える言葉の印象が変わり

同じことを話していてもボソボソ話している人より記憶に残ります。

 

 

自信のある男を目指して是非取り入れてみてください(^^♪

※あくまでも私の勝手な意見です。

 

 向後和也【公式LINE】
line@で友達になりましょう(^^♪
 

友だち追加

『幸せな大富豪に学ぶ』

 向後和也です。

 

シリーズ第4弾

『お金の使い方』

f:id:khnk1116:20170720145623j:plain

前回の記事では『お金持ちになること』を人生のゴールにしない

をお話ししました。

 

akaruimirai5555.hatenablog.com

 

 

今回は、『お金の使い方』についてお話していきます。

よく聞く言葉ですが、【生き金】と【死に金】を理解することが大事です。

 

 

大富豪にとって、お金を払うということはどういうことなのでしょうか?

 

『生き金を使わなきゃダメだよ』

 

そんな風に大富豪の方はよく言います。

例えば、食事。幸せな大富豪はもちろん一流レストランで

食事をするし、1本何十万もするワインを開けることだって

あります。しかしそれは誰かと食事をするときに限ります。

 

 

自分一人だけ、あるいは家族だけで食事をするときはむしろ質素です。

仕事中のランチはコンビニでおにぎりだけとか、バナナだけという

方もいます。

 

 

つまり、いまそこでお金を使う必要がないと思えば一切お金は使わないし

逆に、今は使うべきだと判断すればいくらだろうが惜しみなく使う。

これが大富豪のお金の使い方。つまり【生き金】です。

 

 

フェラーリの話もしましたが、普通に考えたら維持費もかかって所有するだけ

でも大変です。それでも買うのは、それ以上の価値がそこにはあるからです。

ただ欲しいからで購入をしているわけではありません。

一つひとつきちんと、目的をもって購入しています。

 

 

もし今、浪費癖があるひとは、購入する前に

『それを購入することによって、どんな価値が自分にプラスできるか?』

考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

旅行にしても、ただ気分転換で行くなら

そこまでお金をかける必要はありません。

しかし、勉強になる、自分にプラスになるなら

とことんお金を払ってもいいと思います。

 

 

要は自己投資にお金をかけることが大切ということです。

 

 

次回は『お金では買えない価値を大切にしているか?』について

お届けいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

『幸せな大富豪に学ぶ』

 向後和也です。

 

 

シリーズ第三弾

お金持ちになることを人生のゴールにしない

 

前回の記事で不幸なお金持ちの話をしました。

 

正直、私自身もお金儲けにはものすごく興味はあります。

お金があって困ることはないし、逆になくて困ることはあるから

でも、幸せな成功者は目の前のお金儲けがが本来の目的ではない

ことを知りました。

 

 

例えば、お金持ちといえばフェラーリを乗り回しているイメージがありますよね。

これは、単に物欲を満たすためだけのものではないということ。

フェラーリを買えるのは、やはり稼いでいる証ですよね。

 

 

ということは、そこに集まるフェラーリオーナーと人脈を作るために

フェラーリを購入しているんです。

言いかえれば、お金持ちと人脈を作る“ツール”なわけです!

 

 

不幸になるお金持ちはここを間違えています。

年収が1000万を超えると、次は5000万の生活に憧れ

それを

達成すると、次は1億を追いかけるようになる。

これではラットレースと変わりないですよね。

 

 

お金を稼いでいるようで、実はお金に働かされている状態で

いつまでたってもこころの平安は得られない状況です。

 

 

多くの幸せな成功者はどんなことをゴールにしているのか?

当然、人それぞれゴールは違いますが、とある大富豪の言葉を

集約すると

『人生の目標とは、それを達成したら、次の日に死んでも後悔しない

というようなものだ』

 

 

つまり、自分の人生をかけて「これが出来れば私の人生はよかった」とおもえるもの。

そうなると「いつか社長になる」「1億円の貯金」ができたら

明日死んでもいいという人は少ないでしょう。

 

 

本当の大富豪の人たちは『大富豪になる』という目標がほんのちっぽけな

ものに見えるような壮大なゴールを描いているとおもいます。

だからこそ生涯現役ずっと楽しい人生を満喫しているんですね。

あなたも是非、そのような人生を歩んでください。

 

 

次回は『お金の使い方』についてお届けします。

 

 

 

 

 

『幸せな大富豪に学ぶ』

 向後和也です。

 

昨日から始まりました。

『幸せな大富豪から学ぶ』シリーズ!!

 

今日のテーマは

 

『不幸が起こるサイン』

お金持ちになったのに、不幸な人生を送ってしまう人が例外なく

「経済」「時間」「健康」「人間関係」という4つのバランスが

崩れています。

どれか1つが大きくかけているか、1つだけ突出しすぎています。

maxresdefault

典型的なのは、経済の自由だけが突出し、「人間関係」の部分が極端に

悪くなっている場合が多いです。いわゆる勘違いですね!

 

 

例えば、私の会社の社長がまさに!それなんです。

確かに、自分自身の実力もあって会社を立ち上げてここまで来るのに

相当な苦労をしてきたのはわかります。

 

 

ただ、社員を奴隷扱い、感謝の言葉や労いもなければ

飲みに連れて行けば、社員はみんなついてくると勘違いしている。

お金があれば解決すると思っています。

 

 

確かにお金はあるけど、社員は誰一人として、そんな社長に

付いていきたい!あの人のようになりたい!とは思わない。

少なくとも私はそう思う。

 

 

私の会社では、どんどん優秀な社員が辞めていきます。

 社長は「なんでこいつらついてこないんだ!」

「そんなやつはいらん!」と息巻くばかりで、自身の心の

変化を自覚していません。

 

 

自分の目標が“お金儲け”になっているからでしょう

 

お金は人格を変えます。

あなたは、どんなお金持ちになりたいですか?

 

 

次回は、「お金持ちになること」を人生のゴールにしない

を、お届けします。

 

 

続きを読む